新型


iPhoneの新型「XS][XS MAX][XR]が発表された。

機能もUPしているが、なんと言ってもホームボタンが無くなったことが大きな違いだろうな。

今までのiPhoneと全く違う部分だしね。

買い替えは考えていないけど、Apple Watchのseries4はかなり気になってます。

今からリサーチしなきゃ。。。

しかし、機能から頭痛が治らない。お腹の調子も悪い。

週末も仕事が入ってきているから、ゆっくり休む暇もない。。。


世界基準!


これぞ、世界基準のゴール。
さすがはイニエスタ。

その前のカットインする際のフェイントも相手DFを2人騙す様もさすがでした。
早く観に行きたいw


フェイントはなんのためにする?


やっぱりドリブルはベースとしてスキルアップが必要。
そして、自分で考えて自分で判断することが大事。
まさしく育成で大事にしなければならないことだと思う。

少年期の指導
IDA SOCCER NIGHT SCIENCE

 「フェイントは相手を抜くためじゃない。ゴールまでの選択肢を増やすためだ」
ジネディーヌ・ジダン

 子どもの指導にはちゃんと順番がある。ロングよりショート、キックよりパス、パスよりドリブル、これらは重要なプライオリティーの問題だ。だから子どものときにまずやらないといけないことは、できるだけボールを持って触ることであって、組織プレーの指導は一番後になる。
 私は中学一年くらいにはまだほとんど組織プレーは教えていない。あくまで自分で考えて、自分で判断することが大事なんだ。オーガナイズを教えちゃうと、それをやらないと指導者が使ってくれないから、子どもは絶対にドリブルをしなくなる。ドリブルをしなければ、プレーの選択肢は狭くなる。やっぱりスポーツは、実際に自分が主体的にやる中で、考える領域を自分自身でつくったり、広げていくことが楽しみにつながる。楽しくなかったらスポーツではないのだ

谷田-虎の穴・静学サッカーから引用


意識革命→進化


高校サッカーもどんどん進化していっている。

指導者の意識革命
IDA SOCCER NIGHT SCIENCE 2001

 指導者たるもの、それぞれが狙いを持って選手を育てているものだ。その本当の狙いを知らずに、「体力がない」「スピードがない」「技術がない」などと評論家のように簡単に片づけられてはたまらない。
 私は18歳くらいまでの選手はむしろ未完成であってよいと思う。ただし、その年齢までに絶対に身につけておくべきことはある。例えばボールを扱うテクニックのように、大人になってからでは間に合わないことは、そこまでに完全に収得させなければならない。
 今日の日本のサッカーでは激しさ、力、スピードばかりが強調されている。そのため、真のインテリジェンスに溢れた技能的プレイヤーが育たなくなっている。いくら日本人に体力と激しさとスピードを加えても、技術と頭脳がなかったら勝てるわけがない。
 日本のサッカー指導者は、冷静に過去の失敗をみつめ、正しい方向に目を向けなければ、これから先永遠に、歴史の中の失敗を繰り返すだけだ。今こそ指導者全体の意識革命が必要なんだ。

Facebook 谷田-虎の穴・静学サッカー より引用


あっという間に


ワールドカップも終わり、JリーグにはイニエスタとFトーレスが来てプレーしている。

1日1日が過ぎていくのが本当に早い。

そんななか、今日、元ドイツ代表のエジルの人種差別による代表引退のニュースが飛び交っていた。

本当に寂しい話だ。

エジルが代表のユニフォームを着てプレーしているときに人種のことなんて考えてプレーしていただろうか・・・。

本当に悲しい事実とエジルの代表引退。

こんなことはもう繰り返してほしくない。


優勝予想


さて、ロシアWorld Cupも残すところ4試合となった。

個人的にはベルギーとフランスの準決勝が一番見どころがあると感じているけど、クロアチアもイングランドも勝ち残ってきた勢いはある。

ずばり優勝予想・・・ってのは難しいけど、実際はベルギーとフランスの勝者かな・・・。

チーム力としてはベルギーと思うので、小声でベルギーと予想しておこう・・・。

あなたはどのチームが優勝すると思いますか?


ブラジル敗退


ワールドカップもいよいよベスト4のうち2チームが決まった。

前回優勝国のドイツが予選敗退するという波乱も有ったり、日本の予選のポーランド戦でのボール回しが議論されてたけど、それもこれもサッカーということ。

しかし、ベルギーは本当に強い。ベルギー戦でのブラジルには運がなかったという見方もあるけど、ベルギーの選手たちがすごく集中していたのは確か。

デ・ブライネやアザールが本当に素晴らしい活躍をしている。

ネイマールもコウチーニョも良かったし、ブラジルには本当に素晴らしいタレントがたくさんいたんだけど、チームとしての熟成度ではベルギーが上だった気がした。

いよいよワールドカップも佳境。

楽しみな夜が待っている。


お手伝い


先日はあさぎりFCのU10チャレンジカップのお手伝いをしてきた。

土曜日だけだったけど、久々に子どもたちの楽しそうで真剣なプレーを観れた。

U10は8人制に移行してからはじめての大きな大会。

まだまだジュニアっぽぃ選手もいれば、サッカーを理解しつつプレーやコミュニケーションを取っている選手もいて、年々レベルが上ってるな~と感じた。

これからもコーチや監督の指導をしっかりと聞きながら、豊かな発想でサッカーを楽しんでほしいな。


片付けもしっかり自分たちでできるようになりましょう!


いよいよ


ワールドカップ。

代表のユニフォームもゲットしたし、応援するだけ。

しかし、仕事が忙しくて毎日残業で観戦できるか不安だ~。

それよりも日本の調子のほうが不安・・・。


久々の


久々のサッカー観戦。

久々の埼スタ。

やっぱり浦和は熱量が違う。

サポーターの熱が凄い!

楽しい時間を過ごせた。

そして。まさかの埼スタで親戚に遭遇笑

こんな場所で会うなんてびっくり!

昨日の観客だけでも住んでる町の人口を超えてると言うのにバッタリ会うなんて凄い奇跡やね。

いろんな部分で楽しい時間だった!