フェイントはなんのためにする?


やっぱりドリブルはベースとしてスキルアップが必要。
そして、自分で考えて自分で判断することが大事。
まさしく育成で大事にしなければならないことだと思う。

少年期の指導
IDA SOCCER NIGHT SCIENCE

 「フェイントは相手を抜くためじゃない。ゴールまでの選択肢を増やすためだ」
ジネディーヌ・ジダン

 子どもの指導にはちゃんと順番がある。ロングよりショート、キックよりパス、パスよりドリブル、これらは重要なプライオリティーの問題だ。だから子どものときにまずやらないといけないことは、できるだけボールを持って触ることであって、組織プレーの指導は一番後になる。
 私は中学一年くらいにはまだほとんど組織プレーは教えていない。あくまで自分で考えて、自分で判断することが大事なんだ。オーガナイズを教えちゃうと、それをやらないと指導者が使ってくれないから、子どもは絶対にドリブルをしなくなる。ドリブルをしなければ、プレーの選択肢は狭くなる。やっぱりスポーツは、実際に自分が主体的にやる中で、考える領域を自分自身でつくったり、広げていくことが楽しみにつながる。楽しくなかったらスポーツではないのだ

谷田-虎の穴・静学サッカーから引用


コメントを残す