オフサイド


先日、審判をした際にオフサイドの判定でちょっと色々とあったので、再度、確認をしてみた。

law_soccer_160208

相手の意図的なプレーだった場合

相手に当たってしまいこぼれたボールは上記のようにオフサイドが適用されますが、相手が意図的に行ったプレーをミスしてボールがこぼれた場合はオフサイドが適用されません。

つまり、クリアやパスといった意図的なプレーがミスになって、オフサイドラインを超えている選手へ渡った場合は、オフサイドにならずプレーが続行されます。

上の二枚目の図を見てもらうとわかると思いますが、黒の選手のシュートが白の選手に当たっています。これが白の選手に当たっただけであれば、こぼれ球を拾った黒の選手はオフサイド。白の選手が意図的にクリアしようとしたが、失敗して黒の選手へこぼしてしまった場合はノーオフサイドということになりますね。

意図的かそうでないかは難しい部分なので、審判の判断にまかせるのが一般的です。強いて区別するならば、ボールがぶつかった場合は「意図的ではなく」、ボールに触りにいった場合は「意図的」と考えましょう。

意図的なセーブでのオフサイド

いよいよ最後ですが、これがこの記事の中で一番理解に苦しむところだと思います。
【中級編】で『意図的なクリアやパスはオフサイドにならない』というものがありましたが、それが『意図的なセーブ』の場合は実はオフサイドになるんです。

・・・はい??

というようなお顔をされているようなので詳しく説明します。
意図的なセーブとは

意図的なセーブを説明する前に、セーブの説明をさせてください。
“セーブ”とは、ゴールに入りそうな、または、ゴールに近づいたボールを、競技者が手または腕(ペナルティーエリア内にいるゴールキーパーの場合を除く)以外の体のいずれかの部分を用いて止めることを意味する。
日本サッカー協会 競技規則から引用
つまりシュートを止めるのがセーブ。
ということは意図してシュートを止めるのが意図的なセーブ。

対してクリアとは、ボールを蹴ったり頭でヘディングして危険を回避する行為なので、意図的なクリアと意図的なセーブの違いがものすごくシビアです。

個人的には、シュートに対して体をぶつけて止めることしかできないぐらい緊急を要するプレーがセーブ。自分から蹴ったりヘディングしたりできる余裕があるプレーがクリア。だと思っているのですが、どっちにもとれるプレーもきっと存在します。

ということらしいです。

意図的なプレーと意図的なセーブの差をプレーの流れの中の一瞬で判断するのは至難の業だと思います。

ただ、シュートブロックはセーブ、クリアリングはプレーという判断は出来るのかな・・・。

経験を積んで、正しいジャッジが出来るようにしていきたいですね。


コメントを残す