悔→チカラ


次男が来シーズンのロアッソ熊本ジュニアユースの入団試験に挑んだが、2次試験で落選となった。

アップから準備を入念に行い、試験も一所懸命頑張っていたが残念ながらきぼうは叶わなかった。

昨日の正午頃にHP上で合格発表があり、俺は結果を知っていたので次男が帰る前には家に帰ろうと思い、無理言って職場に時間休をもらって帰ったが、結果が気になって急いで帰ってきた次男が自分で結果を見て呆然としていた。

帰宅してランドセルも降ろさず、帽子も被り、タスキもかけたままで携帯をもって呆然としている次男を見て、なんて声をかけてよいのかしばらく考えさせられた。

思い切って「どうした?」と聞いても「ううん」と言って返す次男。

「結果を見たのか?」と聞くと「うん」と答え、「来てごらん」というと抱きついて声を殺して泣きじゃくっていた。

それほど、自分の中で悔しかったのだろうと思う。

先日の全日のベスト8をかけた試合で大敗した時でさえ、涙を流さなかった次男だったが今回はそれ以上の悲しみと悔しさがあったのだろうと思う。

色々と話し、昨夜は二人で夕飯を食べに出かけた。

リクエストされた徳丸の唐揚げ定食をペロリと食べてしまった次男だったが、やっぱり元気は回復しなかった。

自分が思い描いていた未来への道筋が壊れてしまい、これからどうしていいのかわからない様子だった。

「明日のサッカーの練習は休む?」と聞くと、「?。練習行くよ」とだけ答えた次男に嬉しく思った。

これからは、自分の力不足をしっかりと理解し、悔しさをバネに前に突き進んでいってほしいと願う。

ロアッソ熊本ジュニアユースに落とされたことをみんなに後悔させるようなこれからの躍進を願っている。

歯を食いしばり、自分とボールに向き合おう。

思い描く未来は1つでも、そこに進む道は無限大にある。

気持ちを切り替えて頑張って大きく成長していくのを期待してます。


コメントを残す