火の国トレセン


昨日は第24回RKK・タカスギカップ 火の国少年サッカートレセン大会が八代で行われた。

今回も県南トレセンの監督をさせていただくことになり、大会出場してきた。

結果は以下のとおり

予選G
VS 八代北 0-1
惜しい場面も多く作るも得点できず、カウンターの際に中盤でパスミスしてしまい逆カウンターにて失点。

VS 中央リゲル 0-1
ここでも決定機をものにできず、逆にFKを決められてしまって敗戦。

3位トーナメントへ進み、初戦が県北トレセンとのゲーム。
VS 県北トレセン 2-2(PK3-2)
先に失点してしまったが後半に2点を取って逆転したものの、後半も残り少ない時間帯に失点。PK戦に進み、なんとか初勝利をもぎ取った。

3位トーナメント決勝
VS 天草トレセン 2-5
前半から失点を重ねてしまう。後半に2点を返し巻き返しムードになったが、相手に逆に2点を返され万事休す。

1回のトレーニングだけしか出来なかった県南トレセン。
人吉・球磨と芦北・水俣地区のメンバー達なのでなかなかみんな集まってトレーニングが出来ないのが現状。
でも、地区トレがしっかりできる環境を作ることは子供たちの刺激にもなるし、指導者にとってもお互いに向上するキッカケになるのかもしれないと思う。

昨日も子供たちは負けて悔しかったと思うし、いつものチームとメンバーも違ってやりづらかったと思う。
指導者としても歯痒い気持ちもあったけど、でも、いつもの自分の技術や気持ちを存分に出して欲しいと伝えてゲームに入った。

昨日の負けは今日の糧と思って選手も指導者も前に進まないといけないよな~って心で自分に言い聞かせながらゲームを見てた。

選手たちも色々と感じたところはあると思うが、サッカー人として前向きに捉え、自分を磨いて欲しいと思う。

また、昨日はいろんな指導者の方々と試合を見たり休憩の時間にも話をすることが出来たことは自分にとっても良かった。

今後も交流を深めながら、自分に無い部分や足らない部分を見つけていきたい。

選手を応援していただいた保護者の皆さん、指導者の皆さん、ありがとうございました。


コメントを残す