中体連


昨日は中体連のサッカー準決勝の審判をしてきた。

11人制の審判はなかなかする機会がないから、色々と復讐してから臨んだ~(汗)

8人制と違って走るスピードと距離が違うし、何より中学生にとって大事なゲームだから、いつもよりも頑張って走った。

決勝戦まで観戦して帰ったけど、あさぎり中が頑張ったもののPK戦で負けてしまった。

選手たちの勝負への真剣な気持ちが見えた。

ただ、慎重になりすぎてた部分からか、選手やチームの「らしさ」があまり見ることが出来なかった気がする。

セーフティにゲームを進めるという戦術があったのだろうと思うけど。

まだまだサッカー人生は先がある。

優勝した二中は県大会で頑張って欲しい。

負けた各校の選手たちも気持ちを切り替え、次を見据えて、日々、サッカーに明け暮れてほしいな。

選手、スタッフ、保護者、本部のみなさん、お疲れ様でした。



コメントを残す