「言葉の力」


「言葉の力」

まもなく春を向かえようとするある晴れた日、

NYの公園で浮浪者と出会った。

その浮浪者は首に

「I am blind」

と書いたものを掛けて物乞いをしていた。

そうか。彼は目が見えないのか

しかし通行人は誰一人として彼にお金をあげる者はいない。

素通りだ。

芝生に座っていた男は立ち上がり、その浮浪者に近づいた。

男は少しばかりのお金を浮浪者に恵み、

その間に気づかれないように

浮浪者が首から掛けていた「I am blind」

という文字を別の言葉に書き換えて別れた。

それから 1時間が過ぎる頃、その浮浪者は異変に気づいた 。

おかしい…

あの男に出会ってから、

今度はすれ違う人、すれ違う人が

みんな恵んでくれるようになった。

物乞いのお椀にはコインが溢れ、

彼に同情の声までかけてくれるようになった。

「あの男の運なのか?

 あの男は魔法使いなのか?」

実は、男は「I am blind」という言葉を

こう書き換えていたのだ。

『Spring’s coming soon.But Ⅰ can’t see it.』
(春はそこまで来ているけど、私はそれを見ることができない)

表現の仕方をちょっと変えただけで

人生がまるっきり違ったものになる。

ほんの少し考え方を変えるだけでいい。

ほんのちょっと自分の周りを見る視点を

変えるだけでいいのです。

「あの男」は実在します。
名前はアンドレ・ブルトン。
フランスの詩人です。


谷田-虎の穴・静学サッカー(Facebook)より転載)


コメントを残す