第17回熊本県地域選抜少年サッカー大会U-11


今日は八代で第17回熊本県地域選抜少年サッカー大会U-11が行われた。
人吉・球磨地域から20名の選手が出場。
あさぎりFCからはだいき、れお、じゅんぺい、ゆうひ、たかきが参加。
俺も臨時コーチでベンチ入りして頑張りました。

人吉・球磨地区
<予選>
VS 菊池 1-4 得点者:まさき(中原SFC)
VS 宇土・下益城 4-1 得点者:あいき2、こう2(ひとよしFC、)
VS 熊本西 4-1 得点者:まさき(中原SFC)、あいき2、だいち(ひとよしFC)
<2位トーナメント>
準決勝 VS 熊本南 3-0 得点者:ゆうしょう(中原SFC)、あいき、だいち(ひとよしFC)
決勝 VS 鹿本 4-2 得点者:だいき2(あさぎりFC)、ゆうしょう、まさき(ひとよしFC)

2位トーナメントで優勝しました。

セレクションから今日までトレーニングが3回しか出来てなく、初戦こそコミュニケーション不足や緊張でうまく動けなかったけど、試合を進めるにつれコンビネーションも良くなってきた。

このメンバー+αでもっと練習をしていければ、もっと地域のレベルも上がっていく気がする。

他の地域では月に2~3回トレーニングしているところもあるようで、人吉・球磨地区の育成についてもこの制度を取り入れていって、地域のレベル向上を目指したい。

クラブでの練習も大事だけど、こういうのも子供たちのコミュニケーションの取り方や、普段と違うポジションやチームメイトの動きにいろいろの感じ方が出来るような気がする。

阿蘇地域のトレセンの活動を真似ていけないかな~。

とにもかくにも、選手たちは色々な経験をしたと思うし、いつもはライバルチームとして対戦している選手たちと色々なコミュニケーションをとり、仲良くなったと思う。

今後も良き仲間として、良きライバルとして切磋琢磨していこうな!

それにしても、長男はあんまり良くなかったな~。決勝こそは得点できたけど、他の試合では得点チャンスでものにできなかったな。コントロールオリエンタードの質をもっと上げること、ポジショニングの意識と動きをもっと学んで欲しい。ドリブルの仕掛けのタイミングと運ぶタイミングなど、もっとレベルアップしていかないと。

今後に向けてしっかりと反省していってほしい。

image

image

image

image

image

image

image

image

image

応援していただきました保護者の皆さん、引率していただいた西門監督と高田コーチ、お疲れ様でした。


コメントを残す