学童五輪大会(U11)


昨日はあさぎりSNとしてU11チームが学童五輪大会に出場しました。

会場が苓北ということで、金曜の夕方から前乗りして出来るだけの準備をして望みました。
image

学童五輪大会 予選リーグ

VS 坂瀬川ヤンチャーズ 3-1 得点者:だいき2、じゅんぺい
VS 花園FC 0-3

結果、1勝1敗で予選敗退となりました。

U11のメンバーの19人が帯同して望んだ大会でした。
前日、学校が終わってからの移動と宿泊。
アウエーでの試合となりましたが、力及びませんでした。

俺は久々にU11のメンバーと遠征に行きましたが、帯同した19人全員がAチームのメンバーであり、全員でこの大会を戦おうと話しました。

結果としては、花園FCに負けてしまいました。
それは、単にサッカーの内容ということではなく、チームとしての意識、気持ちの統一感についても花園に負けていたと思います。

花園はベンチからも大きな声援があり、励ます言葉がたくさん聞こえてきました。
一方、こちらのベンチは砂遊びをする選手、試合も見ないで話をしている選手、ベンチに寝っ転がる選手。。。

とても勝てるわけはないと思いました。
本当に寂しい気持ちになりました。

試合に出ている選手は同じチームの仲間で一生懸命戦っている。
でも、試合に出ていない選手の内、数人はチームとして仲間を応援することも、同じ時間帯を一緒に戦うこともしてない。

これでは勝てるはずがない。

勝ち負けだけがサッカーではないです。
しかし、勝ち負け以前の問題が浮き彫りにされている。

試合に出た選手も出れなかった選手も関係なく、サッカーの前に、1人の人としてもっと大きく成長をして欲しいと強く願います。

image

image


コメントを残す