ジシュレン


昨日の郡体で多良木が負けてしまったので、自主練スクールも終わりになりました。
継続を期待していた選手たち、すいませんでした(T_T)

ある日、Tigaコーチと話している時に、どうしても上の学年で個人スキルの向上が求められてる気がするって話になって、郡民体育祭もあるから、その練習日の週に一日だけ、個人スキルを上げるためだけのトレーニングをしたらどうかという話になった。
代表に相談と了承の上、自主練スクールを期間限定で始めた。

金曜日の19時30分から1時間程度ということでやりはじめた。
初回は8人が参加してくれた。全部で5回しか出来なかったが、のべ46人が参加してくれた。
毎回、汗だくになってトレーニングした。本当に汗をかかないことはなかったし、1時間でこれだけの汗をかくんだと選手たちも思ったんではないかな?
本当に選手たちは一生懸命頑張ってた。

あとから聞いたが、保護者から不満の声も上がっていたらしい。
○○コーチは何をしてるんだ?とか、何を考えてるんだとか、何でそんなことをやるんだとか、あいつはダメだとか・・・etc。
しかし、俺は気にしてないと言えばウソになるが、気にしないようにした。
何でかというと、俺は選手たちが主役で、もっとやりたいと思う選手に対して環境を作ってあげたかったからだ。

ただ、それだけ。

だから、学年も関係なく小2から中1まで口コミで来た選手も受け入れた。
やりたい選手が来たら良かった。
あくまでも「自主練」なのだから。そして、俺らはその時間と場所を提供しただけ。

何度も言うけど、主役は選手。
俺は選手のために何かしたいという一心でやった。
だから、そんな意見があったのは知っていたけど、後から気にすることはなくなったし、そんなのに時間を割く余裕もなかった。

今、思えばおそらく自主練スクールに来ていない選手の保護者だったのだろうけど、もっと理解を求めて選手の気持ちを保護者が聞いてもらえば良かった気がする。
もしかしたら選手は来たかったのかもしれない。
ただ、直接こっちに話が来ることはなかったので、どうしようもなかったが・・・。

この自主練スクールの週に1時間という短い時間だけでのトレーニングで何をどこまでやるのかと考えた時に、やはり気持ちや意識の向上と相手に勝つとか上手になるという確固たる気持ちを作りたかった。

そこでこだわって同じメニューをガツガツやってきた。

短期間だったけど、本当にやってよかったと思う。

金曜日の飲み会は全てキャンセルしたけど、それでもやって良かった。(遅れて行ったこともあったな~(笑))

本音を言えば、もっとやりたかったし、もっと長い時間トレーニングさせたかった。

欲ばかり言っても仕方ないが、自主練スクールで学べたことは何も選手たちだけではなかった。
俺にとっても素晴らしい時間でした。

この自主練スクールに携わった、Tiagコーチや了承してくれた代表、選手と参加させていただいた保護者に感謝してます。

本当にありがとうございました。
また機会があれば第2段ができたらと思います!


コメントを残す